明月楼の主人、女将、若主人がそれぞれ日々感じたことを徒然なるままに綴っております。よろしければ覗いていって下さいませ。